結婚式プロフィールビデオの写真枚数

結婚式のプロフィールビデオで写真枚数を何枚にすると良いか?

答えは30〜40枚がベストです。

その理由は、多すぎると映像の時間が長くなり、同じような写真が多くなって、見ている方が飽きてきます。

少なすぎるとその逆で映像が短かすぎたり、充分に紹介できなかったりするので、ちょうどいい数が30〜40枚となります。

その内訳は目安ですが、新郎10枚前後、新婦10枚前後、2人が出会ってから10枚前後でその時の写真の多くある、少ないなどでバランスを変えれば結構です。

たとえば

出生時 1枚

幼児期 1枚

小学生 1枚

中学生 1枚

高校生 1枚

大学・専門 1枚

社会人 1枚

で7枚なので自分の生い立ちの中でのトピックに合わせて10〜15枚程度に増やすと良いでしょう。

幼児期

写真30枚の例

写真30枚だと映像の時間が3分〜5分になるのでBGM1曲フル再生くらいの長さになります。

BGMを1曲にすると全体のまとまりの良い出来になります。

2曲使用の場合は新郎、新婦で1曲、2人のシーンで1曲にすると流れは良いと思います。

3曲使用も可能ですが、1曲の使用時間が短くなって少し忙しい印象になりがちなので注意してください。

Favio wedding movieではBGMの長さに合わせて映像の長さを調整しています。

写真1枚の表示時間は7秒が良いという意見もありますが、それは演出次第です。

写真が見れてコメントが読めれば良いので7秒にこだわる必要はありません。

逆にテンポの速い曲で写真表示時間が長いと映像とBGMが合わなくなります。

そんな場合はコメントを短くすれば読む時間が短縮されて写真表示時間が短くても問題ありません。