結婚式プロフィールムービーのコメントの書き方

結婚式プロフィールムービーを作成するには、写真選び・BGM選び・コメントを決めるの3つがあります。

プロフィールムービーは初めて作る方がほとんどなので、わからないことたくさんですよね。

そこで今回は結婚式プロフィールムービーのコメントはどう書くの?書き方のコツをご紹介します!

 

1.コンセプトを決める

コンセプトとと言っても難しく考えなくて大丈夫です。

このプロフィールムービーで何を伝えたいか?どんな雰囲気に伝えたいか?などをあらかじめ決めておくということです!

 

例えば、

・「両親や支えてくれた人への感謝」を伝えたいなら、それらの人たちと一緒に写っている写真を中心に選んで、感謝をコメントにしていきます。

BGMにも感謝の歌詞のある曲などを使って、伝えたい歌詞をそのままコメントに使ったりしても伝わりますね。

 

・「感動のストーリー」ならば、全体の構成を起承転結があるように組み立て、つながりのあるコメントにしていきます。

感動が合うバラードなどのBGMに合わせたコメントなら、より感動してもらいやすいでしょう。

 

・「二人の生い立ちを楽しく伝えたい」ならば、写真に楽しい見出しを付けるような感覚でコメントを決めていきます。

アップテンポの曲なら、コメントもユニークなものやエピソードがしっくりきますね

 

2.文章は簡潔に!

まずは、テレビのテロップを思い浮かべてみて下さい!・・・長い文章のテロップは少ないですよね。

映画の字幕などもそうですが、文章と映像を同時に見るのは結構難しく、文章を読んでいるうちに映像を見逃したりすることも多いと思います。

映像は文章を読ませるのが得意ではないので、映像を見てわかることは書かない!映像の補足をコメントにするくらいの気持ちで書きましょう。

 

文字数は20文字以内を目安にすると良いでしょう!

 

3.ゲストの興味を引くようなコメント

簡潔にと言っても、シンプルすぎてしまうのも伝わりません。

 

例えばこんな風に、

「小学校の卒業式」を→「小学校の卒業式で大泣き」

「成人式」を→「この着物はお母さんも成人式で着た着物」

など、エピソードや当時の気持ちをコメントにすると、ゲストも共感できて映像に惹かれやすくなります。

 

また、友人との写真には名前を入れてエピソードをコメントにしたり、

会社の写真などには、普段言えない感謝の言葉などをコメントにしたりするとゲストも嬉しいプロフィールムービーになりますね。

 

4.写真の説明をしなくてもよい

プロフィールムービーのコメントでやってしまいがちなことですが、写真を見たままの説明をコメントにしてしまうことです。

こればかりだとコメントの必要がなくなってしまいます。

 

例えば、

「勉強よりもバイトに一生懸命だった頃」

「おいしいお酒と素敵な仲間が大好きです」

のようなコメントだと、なんとなくお二人がどんな人なのか想像できますよね。

 

プロフィールムービーでゲストが興味があることは、写真の奥にあるちょっとしたエピソードなどから伝わるお二人のことですので、ゲストがちょっと笑ってしまったり、感動してしまうようなコメントにしましょう!

 

5.数枚の写真をまたぐコメントもOK!

1枚の写真に1コメントで完結しなくても大丈夫です!

例えば、

1枚目・・「なんだか太ってきたかな」

2枚目・・「おやおや・・」

3枚目・・「100キロ目前!?」

のように、写真をうまく使ってショートストーリーのようにしてもいいですね。

 

6.場をわきまえたコメントにする

結婚式では、相手側のことを何も知らない親戚や会社の上司なども出席していますので、

ユニークさがエスカレートしすぎたものにならないように注意しましょう!

見る側のことを考慮したコメントになるように心がけましょう。

 

また、今はそこまで堅苦しくなく気にしない傾向にはなっていますが、忌み言葉のような縁起が悪く不幸を連想させるような言葉を使うことを気にされるゲストの方もいます。

お二人のゲストの方の顔ぶれなども考慮して、言葉選びをされるといいでしょう!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

どうしてもコメントに詰まったら、写真に語り口調で話してみると決めやすいですよ!

プロフィールムービーは写真も大切ですが、BGMやコメントで雰囲気はガラっと変わりますので、

コメントの例文なども参考にしながら進めるのもいいですね!

 

プロフィールビデオのコメント例