【ムービーにも使える】「花嫁の手紙」書き方と文例

【ムービーにも使える】「花嫁の手紙」書き方と文例

ゲストも両親もやっぱり感動しちゃう花嫁の手紙の演出ですが、いざ書こうとすると、何をどう書けばいいかわからなくて、悩まれる花嫁さまが多いですよね。

そこで今回は、花嫁の手紙の書き方と文例をご紹介していきます。

出典元:http://kobieta.dziennik.pl/twoje-emocje/zdjecia/galeria/493011,1,oryginalne-zyczenia-na-dzien-ojca.html

 

☆花嫁の手紙ポイント☆

出典元:https://bp-guide.jp/AXlqmkA7

花嫁の手紙を書く時のポイントは3つ!

・書き出し

・エピソード

・結び

この3つのブロックに分けて、組み立てていくと書きやすく纏まります。

 

長さは?

長さは、文字にすると800文字前後で、3分くらいがベストです!

書いていくうちに想いが溢れて長くなりがちですが、長いとゲストが飽きてしまうので、文章をよく見直してベストな長さにしていきましょう。

 

花嫁の手紙 そのまま使える文例!

花嫁の手紙のポイント、3つのブロックに分けて、それぞれの文例をご紹介します。

 

☆花嫁の手紙☆ 書き出し文例

出典元:https://hana-collection.com/cards/57711dc68c1d870a2a223608

花嫁の手紙の書き出しは、まず手紙を読むことのゲストへの断りや、ご両親への呼びかけが一般的です。

 

書き出しパターン① ゲストへの断り

ゲストへの断りは入れても入れなくても大丈夫ですが、

招待するゲストに会社関係や上司の方が多い場合には、入れたほうが丁寧な印象でいいですね。

また、新郎には謝辞がありますが、新婦がゲストにお礼を言う場面がないので、花嫁からのお礼があると素敵ですよ。

皆さま 本日は私達の披露宴にお越し頂き ありがとうございます

ここで少しお時間を頂き 私から両親へ手紙を読ませて頂くことをお許しください

皆さま 本日はご多用のところ 私たちの結婚式にお集まり頂きありがとうございます

私事ではございますが この場をお借りして、大切な家族へ手紙を読ませていただくことをお許しください

▷本来であれば 父母と言うべきでございますが 今日はいつものようにパパママと呼ばせて頂くことをお許しください

 

書き出しパターン② 両親への呼びかけ

家族への呼びかけから入ってもかまいません。

ご両親にとって、娘からの呼びかけはやっぱり感動してしまうもの♡

丁寧にでも、いつも通りでも、話しかけるような気持ちで書きましょう!

お父さん お母さん 今日まで本当にありがとうございました

今まで 照れくさくてずっと伝えられなかった感謝を手紙にしたので 聞いてください 

大好きなお父さんお母さん

今日まで私を育ててくれて本当にありがとう 

今日の日を迎えられたのも お父さんお母さんが居てくれたからだと思っています 

パパママへ

結婚式で手紙なんてやめてね!って言われてたけど 

今日こうしてたくさんの方々に見守られて結婚式ができたのも パパママのおかげだから 

やっぱり感謝を伝えたくて手紙を書きました 

 

☆花嫁の手紙☆ エピソード文例

出典元:http://www.sohu.com/a/156633372_559619

ここからは今まで育ててくれたご両親や兄弟、祖父母との具体的なエピソードを入れていきましょう。

 

エピソードパターン① ありがとうを伝える

お父さん

いつも仕事でいそがしかったのに 休みのたびに 幼い私を必ずどこかへ遊びに連れて行ってくれましたね 

すごく嬉しかったよ ありがとう 

お母さん 

どんなに朝が早くても お母さんは必ずお弁当作ってくれましたね 

部活の試合の時も 私が好きなものを必ずお弁当に入れてくれていて お母さんの優しさが本当に嬉しかった ありがとう 

 

エピソードパターン② ごめんねを伝える

私は学生時代に友達と遊んで 夜遅く帰ることもありました

そんな時 お父さんが叱る言葉も お母さんの心配も あの時の私には聞こえませんでした 

何を言われても反抗ばかりしていたけど 大人になった今は どれだけ心配かけていたのかよくわかります 

あの時は 本当にごめんなさい 

いつもわがままばかりで お父さんお母さんを困らせてたよね

たくさん迷惑もかけて 勝手な娘でごめんなさい 

 

エピソードパターン③ 尊敬を伝える

単身赴任だったお父さんとは なかなか会えないことが 小さい頃は寂しくてよく泣いていたりもしたけど 

家族のために離れた場所で毎日頑張ってくれてたお父さんが 一番寂しかったよね 

今はそんなお父さんを すごいなと思っています 

お料理が得意なお母さんは 家族のために毎日美味しいご飯を作ってくれていたけど

お父さんの会社の人が来ても 私の友達が家に遊びに来ても 笑顔で迎え入れてくれて ささっと美味しいものを作ってくれるから 

友達からも羨ましがられるのがいつも嬉しかった 

私も自慢のお母さんになれるように これから頑張るね 

両親は子供が3人 育児 家事 仕事にと きっと大変でイライラすることもたくさんあったはずなのに

我が家はいつも笑い声の絶えない家族でした 

そんな家族が大好きで 今日までたくさん家族に甘えてきました 

こんなに居心地の良い家族の場所を 本当にありがとうございました 

 

エピソードパターン④ 兄弟や祖父母へ伝える

お兄ちゃん お姉ちゃん

小さい頃は喧嘩ばかりしていて 末っ子の私はいつも泣いてたね 

大人になってからは 社会人の先輩としてのアドバイスや恋愛の相談したりも出来て 何でも話せて頼りになる大切な存在になりました 

結婚することを誰よりも喜んでくれた おじいちゃんおばあちゃん

私の花嫁姿を見せることができて 本当に良かったです 

今度は孫を連れていくから いつまでも長生きしてね 

 

☆花嫁の手紙☆ 結びの文例

出典元:https://aj-photography.com.au/photo-gallery-bride-preparation/

最後は、感謝の気持ちと新しい人生への思いや決意を書きましょう。

彼のご両親への感謝の言葉も添えると、もっと素敵。絆も深まり、喜ばれますよ。

 

結びパターン① 両親へ感謝と決意

二人の娘に生まれて 私は本当に幸せです

これからは○○さんと お父さんお母さんのような夫婦になれるように頑張ります 

お嫁にいっても二人の娘でいさせてね 

これからどんなことがあっても 互いに支え合って乗り越えていきます

お父さんお母さん これからも二人を応援していてください 

これからは○○さんと幸せな家庭を作れるように頑張りますので 見守っていてください

今日まで本当にありがとうございました 

これからも身体に気を付けて いつまでも仲の良いお父さんお母さんでいてください 

 

結びパターン② 彼の両親へ気持ちを伝える

◯◯さんのお義理さんお義母さん 私のことをあたたかく迎えてくださり ありがとうございます

まだまだ至らないところもある私ですが いろんな事を教えていただきながら ◯◯さんを支えていけるように頑張ります 

これからもどうぞよろしくお願い致します 

◯◯さんのお義理さんお義母さん 今日から新しい家族になれること とても嬉しく思います

これからは○○さんと一緒に 私にも親孝行をさせてください 

最後になりましたが ◯◯さんのお義理さんお義母さん これからも末永くよろしくお願いします

 

結びパターン③ ゲストへの感謝の気持ち

こうして今日という日を迎えることができたのも ご列席くださいました皆さまのおかげです

未熟な私たちですが これからもどうぞよろしくお願い致します 

私たちの門出を 大切な方々に見守っていただき 幸せな気持ちでいっぱいです

この気持ちをいつまでも忘れずに 二人で助け合って温かい家庭を築いていこうと思います 

これからもご指導の程 よろしくお願い致します 

 

まとめ

出典元:https://www.farbemart.com/weddingmart/archives/category/column/page/7

花嫁の手紙は、書き方のポイントや文例を参考にしつつも、素直な気持ちを綴るのがいちばん!

ご両親への感謝の気持ち、ぜひ伝えてみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事もおすすめ!

 

おすすめムービー ”BRIDE’S LETTER”