生い立ちムービー(プロフィールムービー)の構成アイデア5選

生い立ちムービー(プロフィールムービー)の構成アイデア5選

結婚式の生い立ちムービー(プロフィールムービー)を作成する際、コンセプトが決まったら、次に構成を考えます。構成とは、簡単にいうとムービーの中の順序のことです。

今回は、生い立ちムービー(プロフィールムービー)の構成アイデアをご紹介します。

 

タイトルと各パートはどんなもの?

写真は favio wedding movie “BEAUTIFUL DAY”

生い立ちムービーの構成は、タイトルや各パートをどんな順序の演出で流していくかを決めます。

構成のアイデアを見る前に、タイトルや各パートにはどんなものが入るのかを簡単に説明します。

 

オープニングタイトル

写真は favio wedding movie “MEMORIES”

映像の冒頭にはタイトルを入れます。

まずは、ゲストに映像に注目してもらいたいので、

見ているゲストに、何が始まるのかがわかる様にタイトルを入れて、ゲストの視線を惹きつけましょう。

二人の名前、メッセージなどをシンプルに入れると良いでしょう。

*例*

『 SYUTA & MISAKI Profile 』

『 MEMORIES OF SYUTA & MISAKI 』

『 SYUTA MISAKI Our Story 』

『 WEDDING STORY SYUTA + MISAKI 』 など・・

 

新郎タイトル・新婦タイトル

写真は favio wedding movie “VINTAGE FLORAL”

それぞれの生い立ちパートの前には、名前などのタイトルを入れましょう。

*例*

『History of SYUTA』

『GROOM SYUTA』 

『BRIDE MISAKI』 など・・

 

新郎生い立ち写真・新婦生い立ち写真パート

写真は favio wedding movie “insta!”

新郎(新婦)の誕生~学生時代~社会人までの生い立ちを振り返る。

名前、誕生日、出身地なども入れてわかりやすく、それぞれの写真にはエピソードなどを添えて。

子供の頃の写真は、親族以外はあまり知らない時期でもあるので、この頃の写真は特にゲストが盛り上がり会場が和むポイントです!

また、兄弟親戚などを含め、来ているゲストと一緒に写っている写真など、思い出を共有できる写真にするのもポイントです。

 

二人のタイトル

写真は favio wedding movie “LIFE”

生い立ち写真などから、二人の写真パートに移る時にタイトルを入れましょう。

*例*

『太一 & 花穂』

『SYUTA & MISAKI』

『SYUTA&MISAKI 2人の出会い』 など・・

 

二人のパート

写真は favio wedding movie “ORGANIC”

二人の出会い~結婚までを振り返ります。

二人の出会いのきっかけ、馴れ初め、初めてのデートの場所、プロポーズ、両家顔合わせ、婚姻届けなどの写真でわかりやすく。

二人のパートはどうしても2ショットでカメラ目線な写真が多く並んで、見ていて飽きてしまう映像になりやすいので、不意に撮った自然な写真などがあると、二人の空気感が伝わりやすくなるのでおすすめです!

 

エンディング

写真は favio wedding movie “MEMORIES”

二人のこれからの抱負、ゲストへの感謝のメッセージなどを入れます。

*例*

笑顔の絶えない二人でいようね

いつも明るい紗季さんと 笑いの絶えない家庭を築きます

これからは二人で力を合わせて歩んでいきます

今日結婚式を迎えられたのは ここにいる皆さまのおかげです

本日はお越しいただきありがとうございます

 

生い立ちムービー構成アイデア5選

生い立ちムービー(プロフィールムービー)の構成に決まりはありません。

上記で説明した各パートを、さまざまな順序にして見せることができます。

それでは、どんな構成があるのか見ていきましょう。

 

1.一般的な生い立ちムービーの構成

写真は favio wedding movie “BEAUTIFUL DAY”

①全体タイトル→

②新郎タイトル→新郎生い立ち写真→

③新婦タイトル→新婦生い立ち写真→

④二人タイトル→二人の写真→

⑤締めの言葉

最も定番の生い立ちムービーの構成です。

二人それぞれの生い立ちを時系列に沿って紹介していくので、見ているゲストが感情移入しやすく、シンプルで誰でもわかりやすい仕上がりになる構成です。

シンプルな構成ですが、選ぶデザインやBGMによって全く違う雰囲気になるので、

合わせやすいのも良いところです。

 

2.新郎新婦を交互に見せる生い立ちムービーの構成

写真は favio wedding movie “OUR TIMELINE”

①全体タイトル→

②新郎タイトル→新郎幼少期写真→

③新婦タイトル→新婦幼少期写真→

④新郎青年期写真→

⑤新婦青年期写真→・・・

⑥二人のタイトル→二人の写真→

⑦締めの言葉

新郎新婦の時間軸を同じにして、交互に見せていきます。

お互いが同じ時期をどんな風に過ごし成長してきたのか、どんな人生を送ってきたか、二人を交互に見せることでわかりやすく、二人のことをよりゲストに知ってもらいやすくなります。

 

3.今の二人からさかのぼる生い立ちムービーの構成

写真は favio wedding movie

①全体タイトル→

②二人の写真→

③新郎タイトル→新郎生い立ち写真→

④新婦タイトル→新婦生い立ち写真→

⑤二人の写真→

⑥締めの言葉

お二人の前撮り写真などから華やかにスタートする構成。

きれいな写真をはじめに持ってきて、まるでタイムスリップするかの様に、生い立ち写真へと振り返っていきます。

二人の写真のパートでまた二人の写真に戻って締めることで、全体を美しい仕上げにすることができます。

 

4.起承転結のある生い立ちムービーの構成

出典元:https://gezondidee.mumc.nl/proprioceptie-positiezintuig

①全体タイトル→

②新郎・新婦タイトル→新郎・新婦幼少期写真→

③新郎・新婦青年期写真→

④二人のタイトル→二人の写真→

⑤締めの言葉

二人の生い立ちを同時に見せていく構成です。

生い立ちムービーにストーリー性を持たせ、感動的にするために起承転結をつけます。

例えば、

遠距離でなかなか会えず 

仕事で大変な時も いつも支えてくれてた

お互いの休みが合わずケンカばかり など・・・

結婚に至るまでの二人のドラマをストーリーにしていきます。

ネガティブなエピソードも、それを乗り越えて今があるという風に、もちろんハッピーエンドに仕上げるのがポイントです!

 

5.両親の結婚から始まる生い立ちムービーの構成

出典元:https://matuya.jimdo.com/

①全体タイトル→

②新郎タイトル→新郎の両親の結婚式写真→新郎生い立ち写真→

③新婦タイトル→新婦の両親の結婚式写真→新婦生い立ち写真→

④二人のタイトル→二人の写真→

⑤締めの言葉

1にある一般的な生い立ちムービーの構成をベースに、生い立ち写真の前に、両親の結婚式の写真を入れます。

例えば、

1枚目の写真コメント「1985年 新郎父○○ 新郎母○○ が結婚」

2枚目の写真コメント「その長男として1987年5月に○○が誕生」

というように繋げると、家族の一体感が強まります。

家族へのメッセージが強く、感動してもらえる構成です。

 

まとめ

いかがでしたか?

二人の生い立ちを紹介するだけでも、構成アイデア次第で素敵なムービーに仕上がります。

選ぶ写真、デザイン、BGM、コメントも大切になりますので、

どんな生い立ちムービーの構成がいいか?見ているゲストの目線で考えてみるといいかもしれませんね。