花嫁から両親への手紙 読まない感謝の伝え方

結婚式で「両親への手紙を読みたくない」と思っている花嫁さま、実はたくさんいらっしゃいます。「読まない」はアリですが、ご両親への感謝はどんなカタチでも伝えたいものです。 そこで今回は、両親への手紙を読まない感謝の伝え方をご紹介していきます。

出典元:https://www.psiunoiva.com/3-dicas-definitivas-para-organizar-seu-casamento-sem-estresse/

 

両親への手紙を読みたくない理由

Paper on bride's hand isolated

出典元:https://www.istockphoto.com/

 

花嫁が両親への手紙を読むシーンは、ゲストも温かい気持ちに包まれる感動の場面として、結婚式では定番の演出ですよね。

定番の演出だけど、「実は、読みたくない!」と思っている花嫁さまには、こんな理由があります。

 

・たくさんのゲストの前で緊張するから

・泣いてしまうから

・家族の話をするのが恥ずかしい

・しんみりするのが苦手

・定番演出が嫌い

 

など、理由は花嫁さまによってさまざまありますが、やりたくないなら無理にやらなくて良いんです!

 

大切なふたりの結婚式に、不安に思う演出はやめましょう。

 

 

 

「読みたくないけど、両親への感謝は伝えたい」

出典元:https://www.weddingbee.com/tag/relationships/page/6/

 

両親への手紙は、読まないと盛り上がらないの?披露宴があっさりつまらないものになる?

と式場プランナーさんにも相談が多いそうですが、それも大丈夫です!

 

ふたりの結婚式だから、

自分たちらしく「読みたくないけど感謝は伝えたい!」を叶えるやり方で、

感動的な結婚式にすることも可能です。

 

 

結婚式は両親にとっても大きな節目になります。

いままでの感謝の気持ちを伝えられ、受け取ることで、

結婚式がご両親にとっても「親業」の一区ぎりとなる節目になるのです。

 

だから、どんなカタチでも「感謝を伝える」ということが一番大切です。

 

 

読まない伝え方① 挙式の前に

出典元:https://www.glamour.com/story/relationships-in-laws?mbid=social_facebook_fanpage

 

大事な挙式が始まる前に伝える「ありがとう」は、ご両親にとっても忘れられない瞬間になるようですよ。

 

むかしむかしの花嫁は、自宅で花嫁支度をし、実家を出て嫁いでいく際にご両親の前で、「今日まで育ててくださり、ありがとうございました。」と感謝の挨拶をしていました。

そんな風に、花嫁支度を終え衣装を身に纏った中で、ご両親に挨拶をしてみてはいかがでしょうか?

 

挙式の前に少しご両親との時間を作り、そこで感謝を伝えましょう。

自分の言葉でも、お手紙でもいいですね。

 

挙式会場の扉が開く直前に、思いを込めた一言でも伝わりますよ!

 

挙式の前に感謝を伝えることで、これからはじまる結婚式への気持ちもさらに高まり、

バージンロードの一歩一歩がより大切なものになりそう。

 

 

 

両親への感謝をムービーにして、挙式の前に一緒に観る花嫁さまもいらっしゃいます。

とっても感動の時間になりますよ!

 

 

◆両親への感謝を伝えるムービーはこちらをチェック♪◆

ファビオウェディングムービー「BRIDE’S LETTER」

 

読まない伝え方② お色直しのエスコートで

出典元:

https://motherofbrides.wixsite.com/motherofthebride/single-post/2016/09/07/Mother-Of-The-Bride-And-Groom—Get-Awesome-Dress-Collection

 

バージンロードはお父さんと、披露宴ではお母さんや祖父母にエスコートをお願いして、一緒に歩くのもいいですよね。

 

「いままで見守っていてくれてありがとう」と感謝の気持ちと一緒に歩く時間が、とても愛おしく思い出に残り、ゲストも温かい気持ちでいっぱいになります。

 

感謝を伝えてから歩くのも良いですし、一緒に歩いて会場の外へ出てからこっそり感謝を伝えてもいいですね♡

 

 

読まない伝え方③ ラストバイト

出典元:https://www.easteregg.co.jp/blog/3327.html

 

新郎新婦のケーキカットのあと、両親からケーキを食べさせてもらう演出。

「親から子供への食べ収め、養い収め」の意味があるラストバイトの演出は、ご両親にとっても、照れながらも昔を思い出してジーンとしてしまうそうです。

 

ラストバイトはサンキューバイトのお返しにとされていて、

両親へ新郎新婦からケーキを食べさせてあげる、サンキューバイトの演出もあります。

 

両方を取り入れるも良いですし、

感謝の気持ちを伝えてから、両親にラストバイトでケーキを食べさせてもらうのも素敵です。

 

読まない演出④ お見送り後にホッと感謝を伝える

出典元:

https://elements.envato.com/es-419/guests-congratulating-bride-and-groom-at-wedding-VYZQ3WC

 

 

披露宴のお開き後は、新郎新婦が「今日は来てくれてありがとう」とゲストをお見送りするスタイルをとっている結婚式がほとんどですよね。

お見送りは、新郎新婦のおふたりだけの場合も、両親と一緒にお見送りをする場合もあります。

 

ご両親とゲストのお見送り終え、家族だけになったホッとした時に、

感謝の気持ちを伝えるのも良いタイミングになります!

 

結婚披露宴はゲストのおもてなしもするので、ご両親も自然と気が張る一日になりますから、大切な一日を無事に終えたあとに言われる感謝の気持ちは、さらに心に響くんだそうですよ♡

 

感謝を伝えて終えられたら、大切な一日のとても良い締めになりますね。

 

 

読まない演出⑤ 子育ての卒業式

出典元:favio

子育ての卒業式として、感謝の気持ちを込めて両親へ卒業証書を送るという演出もあります。

 

内容やタイミングはさまざまあり、

 

人前式に子育て卒業式を入れたり、

披露宴のラストに入れたり、

感謝状を読んだり、、、

 

そこでおすすめなのが、プロフィールムービーを使った演出です!

通常、プロフィールムービーというと、新郎新婦の生い立ちを紹介していくものですよね。

おふたりの生い立ちは、ご両親にとっては子育ての記録でもありますから、

両親の結婚の写真などから始まって、「育ててくれてありがとう」のような感謝の気持ちをメッセージに綴ったプロフィールムービーを流すのも、素敵な子育て卒業式になりそう♪

 

 

◆両親へのありがとうに合うプロフィールムービーはこちら♪◆

ファビオウェディングムービー「MEMORIES」

 

読まない伝え方おすすめ☆ ”レターソングムービー”

出典元:favio

 

定番の演出が苦手な花嫁さまにおすすめな”レターソングムービー”

両親への手紙の代わりに思いを歌詞にしたオリジナルソングに、ご両親との思い出の写真と一緒にムービーに綴る、新しいカタチの感謝の伝え方です。

 

作詞をするのは花嫁さま!もちろん新郎からでもアリです!

手紙を書くように感謝の気持ちを歌詞にするだけで、特別な意識はしなくて大丈夫です。

 

出典元:favio

花嫁さまが考えた歌詞を、

・ピアノのバラード

・R&B

・J-POP

などのタイプから伝えたい雰囲気に合うものを選んだら、プロのシンガーが思いを歌いあげます。

 

涙を誘う雰囲気が苦手な花嫁さまにも、明るいアップテンポの曲もあるのでおすすめですよ。

 

家族との思い出写真がたくさん流れる中、両親への手紙を歌として曲として伝えることができる”レターソングムービー”は、

もしかしたら花嫁の手紙を読むより、両親にもゲストにも感動が倍になるかもしれません。

 

また、レターソングムービーはDVDになるので、ご両親へプレゼントすれば、

思い出が詰まった大切な宝物として、ずっと残してもらえそう♡

 

家族で集まった時にみんなで観ることができる、そんな時間もご両親への素敵な感謝のギフトになりますよね♪

 

 

◆レターソングムービー詳しくはこちら♪◆

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

結婚式で、両親への手紙は読まなくても感謝を伝えられる方法はたくさんありますよね。

ふたりの大切な結婚式だから、苦手な演出はやらないのもアリ!

自分たちに合う方法で、両親への感謝の気持ちを表してみてくださいね。