結婚式プロフィールムービーで使う曲。人気の邦楽BGMランキング

結婚式プロフィールビデオで使われた曲の人気邦楽ランキングです。

音楽の著作権保護の動きが全国的に広まったこともあり、

レコード会社が正式に録音を認めている曲が中心となりました。

1位は絢香の「にじいろ」

NHK連続テレビ小説「花子とアン」の主題歌だったので若い方からお年寄りまで

幅広く人気のあるのが結婚式向きですね。「これからはじまるあなたの物語♫」

という歌詞もプロフィールビデオの幼少期の写真からはじまる2人の人生と

ぴったり合うのが良いですね。

ISUM登録曲 ISUM-3356-2596

2位 ひまわりの約束 / 秦基博

ISUM登録曲 ISUM-0840-2103

大ヒットアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』は、大人も子供も泣ける映画として”ドラ泣き”現象を生みました。ドラえもんの物語を再構築した映画で、のび太としずかの恋愛からプロポーズ、結婚までが描かれたストーリー。その主題歌になった秦基博の「ひまわりの約束」は、その感動を生むための大きな要素になっています。男性目線で愛する女性への優しさを、秦基博の繊細なアコースティック・ギターで奏でています。

“そばにいたいよ 君のために出来ることが 僕にあるかな”

ドラマチックなプロフィールビデオのBGMやエンドロールのBGMにもぴったりです。

3位 やさしさに包まれたなら/絢香

ISUM登録曲 ISUM-8316-5002

映画『魔女の宅急便』のテーマ曲となって、若い世代にも知られた名曲、”やさしさに包まれたなら”は荒井由美ユーミンの代表的ヒットナンバーです。クリスハートを始め、様々なアーティストがカバーしていますが、今回は絢香のカバーを紹介します。もともとは1974年のリリースなので、ご両親の世代にも馴染みがあるのと、新郎新婦が成長してきた時代の曲でもあり、生い立ちの写真を見ながらきっとその頃を思い出して感情移入できるのではないでしょうか。

4位 君とつくる未来/ケツメイシ

ISUM登録曲 ISUM-7516-6173

東京電力CMソング。テレビ朝日系ドラマ『ハガネの女 season2』挿入歌。かけがえのないパートナーを得て、ふたりがこれから歩む未来を唄にした、ウェディングソングにぴったりな曲です。温かく、希望に満ちた歌詞と優しい歌声はゲストの心をつかむことでしょう。これから2人で、共に歩んで行くことに、前向きになれる明るい歌です。
ケツメイシの「幸せをありがとう」や「出会いのかけら」に続く、ウェディングソングの定番。映像演出ではオープニングムービー、プロフィールビデオ、エンドロールと様々なシーンでも使える曲です。

5位 愛をこめて花束を/Superfly

歌姫”スーパーフライ”によるラヴソングで現在では結婚式の定番となったヒットソング。何度聞いても心に響くウェディングBGMの名曲で、会場が盛り上がるドラマチックな演出ができるでしょう。

花嫁から花婿へ花束を贈ります。
本当の自分とともに・・・。
私はあなたの妻となります。

6位 ひとりじゃない with MONGOL800/SOFFet

SOFFet ひとりじゃない with モンゴル800 は結婚式のBGMとして根強い人気の曲です。モンゴル800のバンドサウンドとSOFFetのラップが見事にマッチした名曲ですね。プロフィールビデオのBGMにもぴったりの曲で、テンポの速い疾走感が映像にリズムを与えて気持ちのよいすがすがしい演出になるでしょう。

7位 輝く月のように/Superfly

太陽の光で月が輝くように、あなたと出会って愛を知って私は輝きだした」という歌詞は、結婚式にぴったりです。歌姫Superflyの歌声が、優しさや切なさを聴く人の心に訴えかけるロックバラードです。人生で最も輝く時に華を添えてくれるナンバーとして、プロフィールビデオやエンドロールのBGMとしても人気の曲です。

”愛を知って輝き出すんだ
人もみんな世界を照らしてく
夜空の月のように”

月のように永遠に2人を輝かせてくれるような一曲です。

8位 ありがとう/大橋卓弥

ISUM登録曲 ISUM-5032-5285

スキマスイッチ 大橋卓弥の「ありがとう」は、両親への感謝を歌った曲です。両親の元を離れて暮らす二人にオススメ。親元を離れてはじめて、そのありがたさがわかるものですが、なかなか口に出して言いにくいものです。この曲はそんな気持ちを代わりに伝えてくれます。幼少時に両親と過ごした思い出の写真のBGMとして流せば、その頃の記憶が甦って、感動的なプロフィールビデオになるでしょう。

9位 家族になろうよ/福山雅治

ISUM登録曲 ISUM-3092-2596

福山雅治の「家族になろうよ」はゼクシィのCMにも使われていた結婚式の定番曲です。あなたと一緒にしあわせになるという誓いと家族への感謝を唄う歌詞はグッとくるものがあります。ゲストの涙も誘う、これから家族になる二人にはピッタリのウェディングソング。プロフィールビデオやエンドロールのBGMにどうぞ。

10位 Darling/西野カナ

多くの女性から支持を集めるカリスマシンガー西野カナのDarlingは結婚式のBGMとしても人気です。
歌詞は女性の立場からダーリンへの愛情を表すかわいい内容です。
プロフィールビデオの新婦パートで、BGMにするといいかもしれないでしょう。

11位 糸/クリス・ハート

ISUM登録曲 SUM-7456-6173

2014年の紅白歌合戦に出場したクリス・ハート。紅白では中島みゆきのカバー曲でもある「糸」を唄いました。外国人とは思えない日本語での歌唱力と穏やかなキャラクターで大人気のシンガーです。「糸」はもともと中島みゆきが知人の結婚式のために作った曲で、Mr.Childrenの櫻井和寿が小林武史らと組んだ、Bank Bandのアルバムにも収録されていて、結婚式の定番ソングとして人気がある曲です。多くのカバーの中でも、クリス・ハートのバージョンが最高。

縦の糸はあなた 横の糸はわたし
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない

という歌詞がほんとにいいですね。
プロフィールビデオのBGMに使うとグッとくる感動的な演出になるのではないでしょうか。

12位 Million Films/コブクロ

ISUM登録曲 ISUM-7308-6173

国民的フォークデュオとして幅広い世代から愛される、コブクロ。爽快なギターの音色とポップなメロディと綺麗なハーモニーが素敵な、「Million Films」は、ファンの間でも非常に人気が高い一曲です。
〜100万枚撮りのフィルムでも撮りきれない程の想い出を 君と二人 未来へと焼きつけていけたら良いな〜
という歌詞の内容が、古い写真を振り返るプロフィールビデオやエンドロールにぴったりです。
写真を見てその頃を懐かしむゲストや親族の記憶を鮮明に呼び起こしてくれる、やさしく温かいメロディーです。心地よく、包容力を感じる一曲です
プロフィールビデオのBGMとして最適ですね。

13位 花束/back number

ISUM登録曲

カウントダウンTVのエンディングテーマに採用された、この曲は、美しくも情熱的な歌声、美しくも解きに情熱的な歌声が涙を誘います。プロフィールビデオの写真を見ながら、この曲のどことなくノスタルジックなメロディーと、肩肘張らない真っ直ぐな歌詞の世界を聴いていると感動がグッと込み上げてきそうです。

”浮気しても言わないでよね
知らなければ悲しくはならないでしょ
信用ないなぁ僕は僕なりに
に君と向かい合いたいと思ってるよ”

14位 幸せをありがとう/ケツメイシ

ISUM登録曲 ISUM-7132-6568

愛する相手に、大切な家族に、ゲストに「ありがとう」を伝える歌詞。『幸せをありがとう』のストレートな歌詞は、幅広い層のゲストにも伝わり、笑顔を誘うことでしょう。

”寄り添う二人の幸せを願うように
寄り添う幸せな二人の笑顔の日”

軽快なレゲエのリズムのこの曲は温かくて聴いているだけで、みんなが幸せになりそうな披露宴にもぴったりの曲です。2人の入場時やプロフィールビデオ、エンドロールのBGMとしてもいいですね。

15位 HONEY/大橋トリオ

ISUM登録曲 ISUM-7812-5002

ちょっと大人でおしゃれな結婚式SONG。そんな表現がしっくりくるのが大橋トリオのHONEYです。どこか懐かしい穏やかなアコーステック楽器の音色と、やさしいボーカルの声のこの曲をプロフイールビデオのBGMにすると、ふたりの幸せをやわらかく包み込むような空気感で感動的な映像に仕上がりそうです。MVでも泣かせてくれます。

”傷つけ合って痛みを知って
はじめて優しさの意味を知ってゆく
僕だけは君を信じてるから
君らしく君のままで”

16位 ありったけのLOVE SONG / ナオトインティライミ

「キミの未来をオレに預けてよ この手でいつまでも守るから」
男性から女性に贈るプロポーズをそのまま歌詞にしたような、これから夫婦となる2人にぴったりな、ちょっと男らしいラブソングです。
気取らない自然な感じと歩くようなテンポが心地よく、結婚式のプロフィールビデオのBGMとしてもぴったりです。

17位 バンザイ/ウルフルズ

ISUM登録曲 ISUM-2512-2596

結婚式のプロフィールムービーで定番曲、ウルフルズの「バンザイ〜好きでよかった〜」は永く根強い人気の曲です。トータス松本の男気あふれる歌詞と力強い歌声は多くのゲストの心に刺さりそうです。1996年にリリースされたこの曲は約20年前の曲なのに古さを感じない、まさに定番曲ですね。逆に古い曲は年配の方も知っていたりするので結婚式にはむしろ向いているので人気があるとも言えますね。

ハッピー感、満載の名曲で会場もきっと盛り上がることでしょう。

18位 たしかなこと/小田和正

ISUM登録曲 ISUM-5984-3719

小田和正の名曲「たしかなこと」。披露宴のゲストは年齢の幅が広く、この曲ならすべてのゲストの心をとらえることができそうです。今回紹介するのはスキマスイッチの大橋卓弥がカバーしているもので途中から小田和正がデュエットで入ってきます。このデュエットが秀逸でベテランシンガーの技とも言える美しい歌声は、ゲストに感動をあたえるでしょう。エンドロールやプロフィールビデオにぴったりです。

19位 純白の花嫁/逗子三兄弟

ISUM登録曲 ISUM-6540-6568

家族の絆を歌ったウェディングソング「純白の花嫁」は、両親への感謝を綴ったそのリアルな歌詞が、ロングスパンで多くの共感を呼び込み、大ヒット。またPVに出演した新郎新婦役(タレント”小森純”と”今井諒”両人)が実際に結婚したことも、大きな話題となりました。
家族との思い出がつまった二人の生い立ち写真を綴るプロフィールビデオや、両親へ感謝の気持ちを伝えるメッセージビデオのBGMとしてもぴったりですね。

 20位 アイ/秦基博

ISUM登録曲 ISUM-5856-4607

秦 基博の代表的なラブソングと言えば「アイ」が挙げられます。アコーステックギターのしっとりとした曲調で、男性から女性に想いを伝える感動的なストーリーを描くナンバーです。素朴ながらも美しい歌声やメロディーが心にしみる至極のバラードチューン。出会った時のインパクトや、自分を取り巻く世界がそれまでと違った景色になるといった、ハートの変化を素直に歌い上げています。シンプルなアコースティックギターをつま弾く、秦 基博の代表曲といえる一曲です♪

”その手に觸れて 心に觸れて
ただの一秒が永遠よりながくなる
魔法みたい”

結婚式ムービーのBGMとして、ピッタリの一曲です。

 まとめ

絢香、秦基博、ケツメイシ、SUPERFLYが2曲ずつランクイン。昨年1位だったナオトインティライミの「ありったけのLOVE SONG」は大きくランクを下げる結果になりました。ウェディングムービーのBGMを選ぶコツは、まず新郎新婦の2人が好きな曲であること。次にゲストに受けの良さそうな曲という基準で選ぶと良いと思います。曲の傾向としてはラブソングか、感謝の気持ちをあらわす曲が人気です。BGMはムービーの雰囲気をガラリと変えてしまうほど重要な要素です。2人らしい曲をじっくり選んでください。