絶対に撮っておきたい!!結婚式当日の写真おすすめショット

結婚式当日はプロのカメラマンにお願いして写真に残す。お二人で結婚式後にゆっくり写真を見ながら素敵な思い出を振り返るのに必要ですよね。

今回は「結婚式当日に絶対に撮ってほしいショット」についてご紹介します!

 

結婚式後に後悔しない為にも、ぜひ参考にしてみてください♪

 

 

結婚式当日の写真はとっても大切!

 

画像1

出典元:

https://es.pinterest.com/explore/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%88/?lp=true

 

結婚式では、これまであれこれたくさん準備してきたのに、当日は数時間の一度きりです!

こだわって選んできたものや作ったアイテムも多いですよね。

ウェルカムスペース、会場のレイアウト、テーブルコーディネート、お花にウェディングケーキ、本当に少しの間だけしか見ることが出来ないものがたくさんあります。

ゲストのテーブルなどにおいては、お二人も見る事なく終わってしまいます。

 

写真でしか見ることが出来ないものがたくさんありますので、結婚式当日の写真は絶対に後悔しないように、撮っておきたいポイントはしっかり決めておくといいでしょう!

 

 

ゲストも撮れる写真

画像2

出典元:https://www.stylemepretty.com/2016/10/18/backyard-vintage-style-wedding/

 

結婚式が始まると、ゲストのみなさんもカメラやスマホで写真をたくさん撮ってくださいますよね。ゲストのみなさんがお写真を撮る為のシーンもたくさんあるので、色んな角度からの写真がたくさん撮られると思います。

 

「当日はプロのカメラマンを入れずに、ゲストのみなさんに写真を撮ってもらう!」なんて声を聞く時もあります。

 

でも、あまりおすすめは出来ません!

 

その理由に、

結婚式当日は、お二人がゲストの前にいる時だけではないたくさんの素敵なシャッターチャンスがあって、カメラマンさんしか撮る事の出来ない写真があるからなんです。

 

だから当日は、プロのカメラマンさんにお願いすることをおすすめします!

 

 

カメラマンさんに伝えましょう!

画像3

出典元:http://www.brides-world.com/knowhow/area/overseas/1250/

 

「プロのカメラマンさんに頼んだから、お任せで!」としてしまうと、それも後に、「あの写真撮ればよかった・・、あの写真がない・・」と後悔したりするので、

後悔のないように、撮ってもらいたいポイントはカメラマンさんにしっかりと伝えておきましょう!

たくさんある場合には、指示書にまとめて渡しておくと良いでしょう!

指示書などにまとめる場合には、見本となる写真などがあるほうがイメージを理解してもらいやすいですよ。

 

 

当日注意したいこと!

プロのカメラマンさんにお願いした場合、カメラマンさんは一瞬の素敵なシーンを常に狙って動いています。

そんな時に、ゲストの方のカメラのシャッターをお願いされたりすると、素敵なシーンを撮り逃してしまうので、そんな時は会場スタッフさんなどにお願いしてあげるほうがよいでしょう!

 

 

撮っておきたい!おすすめショット

 

1.定番のお支度ショット

画像4出典元:http://www.howerka.de/unsere-tipps/

 

今では定番のお支度ショットですが、結婚式当日、お二人は式場に着いてからブライズルーム(控え室)にてメイクやお着替えをしてもらいます。

このブライズルームはゲストは入れない空間ですので、カメラマンさんしか撮れないシーンがたくさんあります!

 

例えば・・

メイクをしてもらうところ、

ネイルをした手元、

衣装を着させてもらっている後ろ姿、

アクセサリーをつける瞬間、

ウェディングシューズに足を入れる瞬間、

完成したヘアスタイルなどなど・・

 

ポーズを取らなくても、さりげない仕草が絵になる瞬間がたくさんあります。

ブライズルームでお式直前のドキドキ感も写真に表現されるので、お支度ショットはぜひ撮ってほしい写真です!

 

 

2.ウェディング小物など

画像5

出典元:http://blog.justmarry.pl/2016/09/20/idealne-buty-na-slub/

 

身に纏ってしまうと映らないものがあります。

ドレス・小物・シューズなど・・

ブライズルームで撮ると雰囲気も素敵に写真に残せますので、おすすめのショットです!

 

 

3.ブライズルームで

結婚式が始まる前にも、素敵なシーンがたくさんありますよ♪

例えばこんなシーンでの写真はいかがですか?

 

◇彼と鏡ごしに

画像6出典元:http://www.hii.jp/brides_dictionary/1547/

準備の整ったお二人の、気持ちを高めながら待つ時間も絵になります♡

 

 

◇ファーストルック

画像7

出典元:http://www.idehshot.com/poses-for-wedding-photos/

 

ファーストルックとは、欧米からの風習で、結婚式当日に新郎新婦が別のお部屋でそれぞれ準備を整え、結婚式の直前にお互いの姿を初めて見せ合う儀式のことです。

日本ではファーストミートとも言われていて、最近では取り入れているお二人も多い、感動しちゃうセレモニーです♡

衣装を選ぶ段階からヒミツにして、どんなドレスに身を包んでいるのか知らない新郎が花嫁姿を初めて見る瞬間は、ドラマチックで涙する新郎さまも多いんです。

式の直前は気持ちも高まって、より感動してしまいますよ。

そんなドラマチックなセレモニーを取り入れて、お互いを待つドキドキから感動の瞬間までを写真におさめるのも素敵です!

 

ファーストルックは、新郎新婦だけでなく、ご両親に初めて見せるセレモニーなどにすることもできますよ。

 

 

◇ベールダウン

画像8

出典元:http://www.artclefclub.com/blog/2014/05/

 

ベールダウンとは、花嫁が挙式でバージンロードを歩き出す直前に、お母さまにベールを下げてもらうセレモニーです。

ベールは花嫁を邪悪なものから守るという意味があり、「母親が娘に行う最後の身支度」とも言われていて、ベールを下げてもらう瞬間はいろいろな想いが込み上げて、親子で号泣してしまうような感動のシーンです。

このセレモニーをブライズルームでやられる方も多く、親子の感動の瞬間も写真に残したいポイントです!

 

◇紅差しの儀

画像9

出典元:https://www.pinterest.jp/pin/398779741983709535/

 

和装で取り入れる方の多い紅差しの儀。

紅差しとは、花嫁支度の最後にお母さまに口紅を塗ってもらうセレモニーです。

口紅には魔除けの意味があると言われ、母が娘の幸せを願うという意味があります。

ドレスでのベールダウンと同じような意味のあるセレモニーですが、ドレスで紅差しの儀を取り入れる花嫁もたくさんいらっしゃいます。

母と娘、それを見つめるお父様やご家族、みんながいろいろな想いで涙ぐんでしまう素敵なシーンです。

 

 

4.バックショット

画像10

出典元:https://www.pinterest.jp/pin/229191068516288510/

 

ゲストのみなさんが待つ会場へ入る時のお二人のバックショット。

このシーンもゲストのみなさんからは撮れないショットなので、撮っておきたい一枚ですね♪

 

 

5.家族との写真

画像11

出典元:http://southernbridal.com/2015/03/23/southern-charm-and-cold-coca-cola/

 

披露宴の中で、花束を渡すシーンやご挨拶をする時など、お二人とご両家の家族写真は自然に撮られていますが、いちばん後悔しやすい写真が「育ててもらった家族と自分の写真」なんです!

この写真は、ご両親も残すと喜ばれる写真なので、ぜひ撮ってくださいね!

 

 

6.覗き見ショット

画像13

出典元:http://zexy.net/wedding/c_7770043816/blog/category/26822.html

 

最近、とっても流行中の覗き見ショット。

お二人がいない会場の様子を覗いている、新郎新婦の後ろ姿を撮ります。

お二人が体を寄せてこっそりと覗く姿がとっても可愛く、ドレスの後ろ姿も撮れるので、

花嫁さんに人気のショットですよ♡

披露宴が始まる前・中座中・退場後などに覗き見ショットを撮ってもらいましょう♪

 

7.スタッフさんと

画像14

出典元:https://www.mwed.jp/hall/14109/photo/26/

 

結婚式当日に、お二人の大切な結婚式をサポートするスタッフさんはたくさんいます。

プランナーさんとは写真を撮りやすいですが、他のウェディングスタッフさんとの写真は撮り逃してしまいがち。

一緒に作ってきたスタッフさんとの写真も思い出に撮りませんか?

 

 

まとめ

いかがでしたか?

結婚式当日はお二人が会場に着いた瞬間から、シャッターチャンスがいっぱいあります!

結婚式の最中だけではない瞬間にも注目して、後悔のない様に、当日の思い出の写真をたくさん残してくださいね。