「令和元年」結婚披露宴のオープニングムービーが登場!!

新元号での結婚は特別だから 記念になることしたい!

新元号の「令和」が発表されましたね。

平成から新しい元号の令和になる年、新しい時代のはじまりと共にふたりの人生をスタートさせる新郎新婦さま、たくさんいらっしゃいます。

そこで今回は、新しい元号「令和」になるタイミングで結婚されるおふたりに、令和ウェディングの記念になることをご紹介していきます。

まだ間に合う!人気の令和ウェディング

出典元:https://zexy.net/wedding/c_7770044248/blog/archives/201805.html

いよいよ2019年5月1日から「令和」と元号が変わります。

新しい時代の幕開けのような節目となる年は、結婚などでも人気が高まります。

結婚式場でもさまざまな令和記念プランがあり、2019年5月1日午前0時に挙式を挙げられるプランもすでに人気を集めています。

 

とはいえ、結婚式はすぐには挙げられるものではないですよね。

結婚式をするなら、通常で少なくても3ヶ月は準備期間が必要になります。

 

令和元日婚には間に合わなくても、令和元年での結婚式はまだ間に合います!

式場によってはお急ぎプランなどを設けているところもありますし、

挙式のみや、親族家族だけの少人数なら短い準備期間で叶えられたりしますので、

令和元年結婚式をお考えなら、いますぐ問合せしてみてはいかがでしょうか。

 

新元号「令和」で始まる披露宴オープニングムービー

結婚披露宴の始まりを告げる、オープニングムービーは披露宴に欠かせない定番演出です。

新郎新婦の入場直前に流れ、ゲストの期待感を高め会場を華やかに演出します。

新元号に結婚式を挙げる2人のための記念すべき入場の瞬間を晴れやかに彩ります。

オープニングムービー「令和元年」は希望に満ち溢れた新しい時代へ向けての2人の門出を和の文化をコラージュしたビジュアルと厳かな音楽で表現しています。

オープニングムービー「令和元年」詳細はこちら


出典元:https://theweddingexperts.gr/articles/organosi-gamou/veres-gamou/

令和元日を入籍日に!


出典元:https://zexy.net/wedding/c_7770044248/blog/archives/201805.html

入籍日の決め方で一番多いのが、大安などの”縁起の良い日”です。
次に、二人の記念日やどちらかの誕生日などが選ばれています。

普段は気にしなくても、入籍となると“縁起の良い日”のほうが何となく気持ちが良いもの。

新元号の初日となる5月1日は「大安で”縁起の良い日”」になりますので、入籍日にするにはとても良い日!
さらに、皇太子さまが即位される日を国民で祝うための祝日になり、お祝いムードでいっぱいの一日になりますよね。

新元号初日となる元日は、一年でいう元旦と同じ。
元日は家族に幸せをもたらす”歳神様”がやってくると言われていて、とてもおめでたい日なんです。
新しい時代のスタートの日をふたりの入籍記念日に選んで、一生忘れられない日にするのも素敵ですね♡

この5月1日は祝日になるので、通常だと役所の婚姻届受付窓口もお休みですが、
新元号になるという特別な日だから、入籍される方のために特別窓口を開ける予定もあるそうです。
事前に確認しておきましょう!

 

令和元年に入籍!

出典元:https://www.pinterest.jp/pin/108297566026037369/?lp=true

 

令和元年となる期間がすごく特別なの知っていますか?

2019年5月1日から2019年12月31日までを「令和元年」と言いますので、

8ヶ月の期間だけなんです。

1年に満たない期間だからこそ、令和元年は特別ですよね!

 

記念の令和元年に入籍したい方は、2019年12月31日の23:59までの期間に役所の窓口で受理してもらいましょう。

 

婚姻届けの提出は、不備があると希望のお日にちに受理されませんので、

なるべくギリギリは避けた令和元年のお二人の記念日をおすすめします。

 

特別な婚姻届を選ぶ


出典元:https://deskgram.net/explore/tags/%E5%A9%9A%E5%A7%BB%E5%8F%82%E3%82%8A

今、とても流行中の”御朱印”。
お休みの日にはお気に入りの御朱印帳を持って神社を巡る方、増えていますよね。

実は婚姻届の用紙に御朱印をいただくこともできるんです。
婚姻届を出す日にふたりで神社にお参りをし、婚姻届に御朱印をいただくことを「婚姻参り」と言います。

専用の婚姻届も販売されていますが、御朱印はすべての神社でいただけるわけではないので問い合わせは必要なんです。

でも、婚姻届に「令和の日付入り」の御朱印をいただくなんて、特別な婚姻届になりますよね!
御朱印集めしてる方にも、おすすめです♪

ふたりで婚姻参りした思い出の神社を、お子様が出来たときにはお宮参りや七五三などと、人生の節目にお参りする家族の大切な場所にすることもいいですよね。

特別な御朱印入りの婚姻届と一緒に記念写真を撮って、写真をSNS用にしたり、
結婚式ではウェディングムービーに使ったりするのもおすすめです!

 

令和元日に招待状を発送しよう!


出典元:http://picdeer.com/tag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E9%A2%A8%E6%99%AF%E5%8D%B0

結婚式の招待状を出す日も時期は決まっていますが、その中の”縁起の良い日”を選ぶのが良いとされています。
令和元日の大安の日に、こだわりの風景印を押して出すのも素敵ですよ。
届いたゲストにも幸せを運べそうです♪


出典元:https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/fuke/result_pre.php?pref_id=13

風景印とは、各地郵便局の消印の一種で、郵便窓口等で申し出ると押してもらえます。
郵便局周辺の名所などが描かれているので、思い出の場所の風景印にする新郎新婦さまも多いです。

消印なので、もちろん日付の数字が入ります。
特別な年に結婚式の招待状を出すなら、風景印までこだわってみるのもいいですよね。

ただし、風景印はどこでも配備されているわけではないので、郵便局ホームページなどで確認してみてくださいね。

 

指輪に記念の刻印


出典元:http://www.jewelry-ito.jp/

婚約指輪や結婚指輪を購入するなら、記念の刻印をするのもいいですね。
今では指輪の刻印も、メッセージを入れたり、手書き文字で刻印できたりなどさまざまありますが、平成の終わりの記念日を刻むのも、新元号となる「令和」と名前を一緒に刻むのも、特別な指輪になり素敵ですね。

結婚式でおめでたい演出を取り入れる
結婚式の演出には、どれも由来や意味があります。
もちろん、これからの二人の幸せを願うものばかりですが、ゲストと一緒に新時代の幸せを願って祝う演出を入れるのも喜んでもらえそう♪

 

◇ 金箔ウェディングケーキ ◇


出典元:http://mariadevoz.com.br/blog/br/2015/01/page/5/

いまトレンドの金箔のウェディングケーキ。
海外でも人気があり、おしゃれ花嫁さまならチェックしてるかも・・?!
金箔を使ったケーキなんて、見るだけでおめでたいし、特別感がありますよね。
ゲストと一緒に新元号のお祝いも込めて、金箔ウェディングケーキを選ぶのもいいですね。


出典元:https://www.deerpearlflowers.com/wedding-cakes/

金箔を使ったウェディングケーキは、大人っぽくにも、可愛らしいデコレーションでも合います。


出典元:http://www.greylikesweddings.com/inspiration-shoots-and-boards/breezy-greek-island-inspired-shoot/

ウェディングテーマで人気の、ヴィンテージやシャビーシックな雰囲気でもおしゃれに演出できるので、特別感を簡単に取り入れられそうですよね。

 

◇ 鏡開き ◇


出典元:http://nocesdor.com/

お正月の鏡餅を割って食べることも鏡開きと言いますが、新たな出発をお祝いする時に酒樽の蓋を開くことも”鏡開き”と言います。
昔から縁起物として樽のお酒は親しまれてきました。縄でしっかりと固く結ばれているのは、「大切な人との絆が結ばれる」という意味もあるそうで、結婚式にはぴったり。

新しい時代の始まりと、ふたりの新たな人生スタートをゲストと一緒に祝う鏡開きは、結婚式でとても華やかな記念の演出になりそうですよね。


出典元:https://jpdesign.org/komodaru-wins-if-package-design-award/

鏡開きは和装のイメージがあるかもしれませんが、樽酒にもポップなデザインのものやオリジナルデザインにできる所もあるので、ドレスでも鏡開きの演出を取り入れてる花嫁さまも多くいらっしゃいます。

乾杯を賑やかにする鏡開きでも、ケーキ入刀の代わりに鏡開きでも、
再入場の際に、新郎新婦がテーブルを回り小さい樽酒を開く演出などもあります。

タイミングはどこにしても、ゲストも喜ぶおめでたい演出になりそうですね!

 

アニバーサリーフォト


出典元:https://knotsvilla.com/tenth-year-anniversary-shoot-by-jdhowell-photography/

二人の記念日ごとに、以前に二人で撮った写真を持って撮影します。
毎回同じシチュエーションで撮って、二人の歴史を写真にしていってもいいですし、
毎年この日と決めた記念日に、写真スタジオに行って撮る写真でもいいですね。


出典元:https://knotsvilla.com/tenth-year-anniversary-shoot-by-jdhowell-photography/

これを、令和元年からスタートさせて、二人の歴史の写真を新しい時代の宝物にしていくのもおすすめです。

 

前撮りフォト


出典元:https://kyoto-kojitsu.net/

新元号が発表されてから前撮りフォトを予定しているお二人には、こんなショットの写真も記念になりますね!

もともと和装での前撮りフォトで「お習字」のアイデアは流行中で、このお写真を結婚報告に使ったり、ウェディングムービーに使ったりされていますので、
印象に残るような一枚撮っておくと、用途はたくさんあるのでおすすめです。


出典元:https://le-club.jp/index.php

新元号に決まった「令和」をお習字に書いて写真を撮るなんて、インパクトがあって面白いですよね。

 

平成を振り返るプロフィールムービー

お二人の生い立ちを、写真とメッセージをBGMに合わせて映像にするプロフィールムービー。
プロフィールムービーを作成するなら、平成の出来事を振り返りながら新郎新婦を紹介していくのも面白いですね。

例えば、
『平成元年、任天堂「ゲームボーイ」が発売』
『その時 新郎は?』

という風に、平成の出来事と当時の二人の様子を紹介していけば、
ゲストは平成を振り返りながら二人の成長を見ることが出来て、見ごたえがあって楽しく注目していられるでしょう。

平成生まれのお二人のプロフィールムービーにおすすめのアイデアです!

 

まとめ

いかがでしたか?
新元号に変わる時なんて人生に滅多にないことだから、令和ウェディングをもっと特別なものにしちゃいましょう!
ふたりだけの記念でも、大切な方々と一緒にでも、特別な時をぜひ記念に残るものにしてください。