結婚式ムービーのBGMにオススメの邦楽曲 Mr.Children 特集

GIFT

NHK北京オリンピック放送テーマソング、資生堂マキアージュCMソング。Mr.Childrenの「GIFT」も結婚式の映像演出で人気のある曲のひとつです。荘厳なストリングスが鳴り響くサウンドと、美しいボーカル・桜井和寿の歌声が心に響く、ミディアム・バラードが、プロフィールビデオやエンドロールのBGMとして写真を引き立ててくれる優しい曲です。

Simple

Mr.Childrenの「Simple」は大袈裟ではない、等身大のさりげない愛情表現を綴ったラブソングです。
何年先もずっとそばにいてほしいと、新郎が新婦にメッセージを贈る。
ラブラブを強調するのではなく自然な感じで嫌みのないオトナの披露宴に。
プロフィールビデオのBGMなどに向いています。

Sign

ドラマ「オレンジデイズ」主題歌。ミスターチルドレンの「Sign」は、結婚式BGMとして人気の高い曲。感動的なロックバラードで、「大好きな人と一緒に過ごす時間は、ありふれた時間でもとても幸せに感じる」という共感を呼ぶ温かい歌です。さりげなく見せる愛情のこもった歌詞と、ミディアムスローなミスチルバラードは結婚式の映像演出ではプロフィールビデオや、エンドロールのBGMとしてよく使われます。

365日

NTT東日本、西日本CMソング。ミスチルが奏でる珠玉のバラード「365日」。結婚式演出で人気曲といえばMr.childrenの「365日」は外せない定番曲です。
人々が1年間で愛し合える日数、365日。恋人や夫婦、愛する大切な人との絆を力強く歌い上げるバラードは、ゲストの心をつかんで、温かい感動へと導きます。
プロフィールビデオのBGMかエンドロールにもぴったりですね。