結婚式は二人が主役だから新郎もオシャレに!タキシード選びのこと

結婚式の衣装準備で後回しにされがちな新郎さまの衣装・・・。彼も「ドレスに合うやつでいいよ」と言っていたから後でいいや、と思っていませんか?

新郎さまにもカッコよく、気分の上がるものを着てもらいたい!のはもちろん、悩みに悩んで決めたドレスの隣に並んで素敵に仕上がるものなので、新郎さまの衣装選びも大切にしたいところです。

そこで今回は、新郎さまのタキシードのことについてご紹介します。
一番選ぶ人の多い、タキシードに注目してご紹介していきますね。

新郎衣装の種類
新郎の衣装は基本的に、
・タキシード
・フロックコート
・モーニング
・燕尾服
この4つのタイプになっていて、ダントツの一番人気で選ばれているのが「タキシード」。
ある調べでは、タキシードを選ぶ人が全体の89%、次がフロックコートで6.6%と、タキシードが人気なのがわかりますよね。

1.タキシード

画像1
出典元:http://www.kirk-mens.co.jp/collection/6013b/index.html
新郎衣装の主流で、人気のタイプ。
特徴は襟のサテン生地などなどあるのですが、これに当てはまらないものもウェディングでは新郎の衣装の総称で「タキシード」と呼んでいたりもします。
色や素材で華やかさをプラスしたり、ベスト、チーフ、タイなどの小物でコーディネートを楽しめるので、花嫁と合わせたりもしやすいです。

2.フロックコート

画像2
出典元:http://www.kirk-mens.co.jp/collection/4012b/index.html
膝まであるジャケット丈で、厳かなセレモニーや広い会場などでとても映えるタイプです。
最近ではショート丈のフロックコートもあります。

3.モーニング

画像3
出典元:
http://tuxedoranking.com/?tag=%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA
前の丈が短く、後ろへ斜めに長くなるジャケット。クラシカルなタイプです。
結婚式では新郎新婦のお父さまやご親族が着用されることが多いです。

4.燕尾服(テールコート)

画像4
出典元:https://ja.aliexpress.com/cheap/cheap-black-tailcoat/2.html
ジャケットの前が短く、後ろがツバメの尾のように二つに分かれていることから、燕尾服と言われています。宮中晩さん会などで着られている正礼装です。

タキシードが人気の理由

タキシードが人気の理由に、どんな方にもデザインが似合いやすいがあります。とくに着丈(丈)はどんな身長の方でも合いやすい丈です。
もう一つは、海外などで着用することが多いので、目にすることも多く、カッコイイというイメージがあるからのようですよ。

タキシードでのマナー

タキシードのようなフォーマルウエアにはマナーがあり、朝昼夜と時間帯によって着分けをします。海外ではフォーマルウエアを着る文化が主流にあるので、マナーを守って着られていますが、日本の結婚式では難しいマナーは気にせずにお好きなものを着られている方が多いです。
結婚式もたくさんのスタイルがあるのと同じように、今ではファッションと同じ感覚で結婚式の衣装も楽しむのが流行ですよ!
また、最近では「ウェディングスーツ」、普段着るスーツをカジュアルにアレンジしたコーディネートも流行中ですが、厳粛な雰囲気の挙式では合わないかもしれませんね。

新郎衣装の必要小物

画像20
出典元:http://thegents.tokyo/category/wedding-shoes-pocketsquare-bowtie/
新郎の小物も必要なものが意外とあるんです。タキシードに合わせて準備したいものをご紹介します。

・シャツ
タキシードのようなフォーマルウエアにはウィングカラーの襟のシャツ着用します。
タキシードに合わせてレンタルショップでレンタルすることもできますし、シャツはご自分のサイズに合ったものを購入される方も多いです。

・タイ
基本的には蝶ネクタイですが、タキシードに合わせてタイが必要です。

・カフスボタン
シャツの袖を留めるボタンです。細かい場所に必要な小物なんですが、ウィングシャツはカフスボタン用の袖口になっているものが多いので必要な小物です。
デザインも豊富にあるので、意味のあるデザインを選ぶ方も多いですよ。

・グローブ
結婚式で手にはめることはありませんが、大切なアイテム!
挙式でバージンロードを歩く際に、右手でグローブ二枚重ねたものを持って歩きます。「花嫁を守る」という意味が込められていて、悪魔に狙われやすい花嫁を白い手袋で追い払うんだそうです。
素敵な意味のあるグローブなんですが、タキシードには不必要という場合もありますので、選ぶデザイン、着るシーンに合わせて用意をしましょう。

・サスペンダー
タキシードでのパンツのラインをきれいに見せてくれるので、ベルトではなくサスペンダーを使うことをおすすめします。

・ポケットチーフ
胸ポケットに挿すドレスアップのアイテムですが、新郎はブートニアを胸に飾りますので、
こちらもタキシードのデザインによって決めましょう。

・シューズ、靴下
シューズはタキシードの色に合わせたり、基本的にはエナメル素材を合わせます。
靴下はシューズの色に合わせたものを用意しましょう。

タキシード人気色別デザイン

◇ホワイト
画像5
引用元:http://www.kirk-mens.co.jp/
全身ホワイトでとっても爽やかな印象ですね。
ネクタイもアスコットタイでも、コーディネートの幅がききますね。

画像7
出典元:
https://www.wattpad.com/303337378-psikopat-sadistim-gelinlik-ve-damatlik-ali%C5%9Fveri%C5%9Fi
黒のパンツと黒の蝶ネクタイにするだけで、白のタキシードもグッとしまります!

◇ブラック
画像8
出典元:http://invevents.com/blog/2015/02/20/the-groom-guide-2015/
定番の黒タキシードは、やっぱり人気が高いです。スマートでスタイリッシュなブラックタキシードは、厳かな雰囲気のチャペルや教会での挙式にぴったり!

画像9
出典元:http://www.aliexpress.com/w/wholesale-designer-wear-suits-for-men.html
本来のタキシードの特徴でもあるサテンの襟が、高級感があってとっても素敵。
豪華で品のある素材を使ったドレスを、魅き立ててくれそうです♡

画像10
出典元:
http://www.mytuxedocatalog.com/catalog/rental-tuxedos-and-suits/c989-black-twilight-tuxedo/
蝶ネクタイをホワイトや他のカラーに替えるだけで印象は変わります。新婦のドレスに合わせてネクタイを替えるのもいいですね。

◇グレー系
画像11
出典元:https://pt.aliexpress.com/cheap/cheap-groom%2527s-tuxedo.html
やわらかい印象のグレーのタキシードは、チュールやレースなどの素材を使った抜け感のあるドレスに合います!ガーデンウェディングやお色直しで、優しい雰囲気になれそう♡

画像13
出典元:https://musikafrere.com/products/grey-herringbone-jacket-pant
ジャケットは襟の黒いものでビシッと決めて、パンツはチェック柄ではずす合わせ技。
「おしゃれ花婿だね~」って言われそう♪

◇ネイビー
画像14
出典元:http://www.weweddingguide.com/wedding-article/dress-article/groom-suit/
海外セレブにも人気のネイビーのタキシード。
都会っぽい雰囲気のあるタキシードには、ビジューやスパンコールのキラキラした装飾のドレスにも、繊細な刺繡のあるドレスにも合いそうですね!

画像15
出典元:https://jp.pinterest.com/chwv/chwv-groom-style/
ベストやパンツのカラーを替えて、爽やかな印象に。真っ白に替えれば、リゾートウェディングにも合いますよ。

画像16
出典元:https://jp.pinterest.com/
チェック柄の入っているものなら、カッコ良さと可愛さがあっていいですね♡

◇ブラウン

出典元:
画像17http://www.mytuxedocatalog.com/catalog/rental-tuxedos-and-suits/C912-Chocolate-Premier-Tuxedo/
あったかさのあるブラウンのタキシードは、秋冬にはぴったりのカラーですよね。
親しみのあるお色だから、ゲストへのおもてなしを重視するお二人にはブラウンが素敵に演出してくれそうです♪

画像19
出典元:https://jp.pinterest.com/
チェックに織り込まれている生地のジャケットなら、自然なカジュアルダウンができます。ネクタイの柄も合わせて、結び方も個性的に。

小物でおしゃれも

画像21
http://www.watabe-wedding.co.jp/corporate/press/info/detail.html?press_id=459
今では小物でおしゃれをする新郎さまが増えてきています。
デザイン豊富にある蝶ネクタイでおしゃれをしたり、ハットを被ったり、見せ靴下にしたり、シャツをデニム素材にしたりと、新婦さまと合わせて楽しむのも素敵です!
新郎さまのお色直しにも、小物でアレンジはおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
新郎さまにも結婚式のおしゃれを楽しむポイントってありますよね。
結婚式はお二人が主役ですから、お二人の魅力があふれる衣装を選んで、最高の一日を迎えてください!