これで完璧♪結婚式でフォローが必要なゲストをおもてなしするアイデア!

結婚式には幅広い年齢のゲストや、配慮が必要なゲストがお越しになられます。年配ゲストや、小さいお子さん、妊婦さんにアレルギーを持っているゲストなど…。折角、結婚式に招待したからには出来る限りみんなに楽しんでもらいたいですよね♪そこで今回は、そんなゲストへのおもてなしのアイデアを徹底解説!結婚式の内容を充実させることはもちろん、そういったゲストの皆さんへの配慮も大切な結婚式準備の1つ。花嫁の気配りがキラリと光るおもてなしでゲストも大満足な結婚式にしましょ…☆

1

http://www.stylemepretty.com

小さなおもてなしの積み重ねが必要!年配ゲストへのおもてなしアイデア

2

http://www.insideedition.com
自分達のお爺ちゃんやお婆ちゃん、親戚はもちろん、来賓の中にも長年お世話になっていた目上のゲストなど、結婚式では意外と多くの年配ゲストを招待します。そこで、年配ゲストも結婚式をリラックスしながら過ごしていただくためのおもてなしアイデアをご紹介!

料理はナイフフォークを使わなくて良い配慮を

3

https://www.flickr.com
多くの結婚式場では、テーブルにはナイフフォーク以外に、お箸も備えられています。しかし、メイン料理のお肉などは塊で出てくることも多くあります。ナイフフォークを使い慣れていない年配ゲストには、このお肉を切る作業すら手間や不安を与えてしまうことにも。そこで、お肉は事前に小さく切り分けておいてサービスしてもらえるよう、事前にスタッフに伝えておきましょう。切り分けられたお肉なら、ナイフフォークではなくお箸で食べられますもんね♪

料理を個別に変えられるならベスト

結婚式場によっては、年配ゲストだけメニュー内容を変えるサービスを行っている場合もあります。また「メニューを変えてしまうのは逆に気を使わせてしまうのでは?」という場合は、素材は同じでソースだけ食べやすいものにするなどの配慮をしてくれることも。詳細は担当プランナーや、料理の打ち合わせの際に確認してみてください。結婚式に出席したら料理を楽しみにしているのは、老若男女みんな同じ♪気兼ねなく料理も楽しんで召し上がってもらいましょう。

足の悪いゲストには、車いすの備えも

4

http://www.jamesandmelissaphotography.com/
結婚式場では何かと移動はつきものです。挙式が始まる前の控え室から、挙式場。披露宴会場への移動に、途中何度かお手洗いに行くことも…。若いゲストには気にならない程度の移動でも、年配ゲストには負担になっていることもあります。ゲストの中で、足腰が弱く移動が負担を掛けてしまうような懸念があるときには、いざというときにすぐに使っていただけるよう、車いすを準備しておきましょう。結婚式場には常に数台準備されていますので、打ち合わせの際に担当プランナーにその旨伝えておきます。そうすると結婚式当日もスタッフ間でその情報を共有し、フォローが必要なゲストにはサービススタッフからすぐに車いすが提供されるので安心です♪

意外と多い…!アレルギーを持っているゲストへのおもてなしアイデア

たまごや小麦、そばや甲殻類など食べ物に関するアレルギーの種類は幅広く、お子さんから大人までアレルギーを持っているゲストは意外と多くいます。しかも、万が一間違って摂取をしてしまうと、最悪の場合アナフィラキシーショックを起こしてしまうことも考えられます。そのため、ゲストのアレルギー有無を把握しておくことも大切なおもてなしなのです…。

アレルギーの有無は招待状で確認

アレルギーの有無を確認するためには、招待状で確認するのが一番の方法です。招待状の文面に入れたり、返信ハガキにその旨記載する一文を盛り込みます。アレルギーが有ることを確認した場合には、必ず担当プランナーに伝えるようにしましょう。

アレルギーのあるゲストに、料理への配慮は必須!

アレルギーの有無を確認したら、担当プランナーはキッチンスタッフ・サービススタッフへと伝え、結婚式当日のお料理を特別メニューに差し替えるなどの配慮をします。そうすれば、該当するゲストも気にせず料理を楽しむことが出来ますもんね♪

長い間ジッとなんてしてられない!子供ゲストへのおもてなしアイデア

5
http://www.kokoblushandcompany.com

赤ちゃん程小さくもなく、でも小学生程大きくもなく…。幼児ゲストは、長時間同じ場所でジッとなんてしてられません。それがいくら結婚式でも同じ。そんなちびっ子ゲストへのおもてなしはこんな工夫で喜ばせてあげましょう♪

テーブルにオモチャ

6
http://www.casareumbarato.com.br

やんちゃ盛りのちびっ子は、最初に席に座ることすらままならない事もあります。そこで席に座ったときに目を惹くオモチャをテーブルに置いておいてあげてください☆絵本や、シールブック、お気に入りのキャラクターのぬいぐるみなど、音が鳴らないオモチャが良いでしょう。

料理はお子様用の料理で

7
https://www.mielparque.jp

美味しいものを食べて嬉しいのは大人ばかりではありません。子供だって嬉しいもの♪結婚式場では、お子様向けに作られているキッズプレートなどを準備しています。小さなお子さんには、子供が喜ぶような専用のお料理でおもてなしを…☆

子供ゲストがお手伝いしてくれたら、お返しを準備しておく

8
deerpearlflowers.com

結婚式の演出の中には、子供ゲストにお手伝いしてもらう演出も沢山あります。その場合には、必ずお返しのプレゼントも用意しておくようにしましょう。予算は1,000円〜3,000円程度が相場です。プレゼントをもらうとその場で広げたくなる子供の気持ちに見越して、プレゼントはあまり大きくなく、小さなパーツが沢山入っているものも避けるようにします。何をあげたら良いのか分からない場合には、事前にパパやママに確認しておくと、ハズレなくプレゼントを選んであげられますよ♪

キッズスペースの確保

9

http://www.stylemepretty.com
席におもちゃ、喜ぶであろうお料理を用意したとしても…じっとしてられないのが子供…。披露宴中でも、会場から出たくなってしまうこともあります。そんなときに、会場の一角や、近くの部屋にキッズスペースを用意してあげられるなら、それも子供達へのおもてなしの1つ。「ここは自由に使っていいよ」と小さくてもスペースを確保しておいてあげると、子供もその親も安心です。

お母さんも安心して出席出来るように…小さい子供連れゲストへのおもてなしアイデア

10
https://mulpix.com

小さいお子さんを連れて結婚式に出席するのは、本当に大変です。荷物も多くなり、途中で泣いたりして他のゲストに迷惑をかけるのでは…なんて心配も。小さい子供連れの結婚式は、なかなか心底楽しめないもの…。そこで、そんな小さい子供連れゲストも楽しんでもらうために♪おもてなしアイデアをご紹介します!

赤ちゃんには必須!オムツ替えスペースと授乳室の準備

赤ちゃん連れの外出だと、どこへ出掛けるのも気になるのはオムツ替えのスペースや授乳室。結婚式場内でのオムツ替えスペースや授乳室の確認は事前にしておき、赤ちゃん連れゲストへ伝えておいてあげましょう。事前にわかっているだけでも、ママの心の負担は大きく違います。また授乳したまま寝ちゃう赤ちゃんのために、授乳室にはブランケットを置いておいてあげるなどの気配りも喜んでもらえますよ☆

コレを知ってればママは安心…泣いたときに移動出来る場所

結婚式という独特の緊張感は、小さい赤ちゃんも不思議と察知するものです。普段ならそんなにグズグズ言わない赤ちゃんでも、何故か普段と違う雰囲気に愚図ついてしまったりすのものです。愚図りだし、なかなか泣き止まなかった場合に、空いている控え室や他のゲストが少ないような場所が分かっていれば事前に伝えておいてあげましょう。他のゲストに迷惑を掛けるのではと気にしながら出席しているママには、安心できる情報です♪また、配席も外に出やすい位置にしてあげるなどの配慮もしておいてあげると良いでしょう。

ベビーベッドの設置やベビーカーを置く場所の確保

11

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com
数時間の披露宴中、寝かしておけるようなスペースの確保も赤ちゃん連れには嬉しいおもてなし。ベビーベッドの設置や、ママの席の近くにベビーカーを置いておけるようなスペースを確保しておいてあげましょう。

何かと不安がつきものな妊婦さんを安心させるために…マタニティゲストへのおもてなしアイデア

一見元気そうに見える妊婦さんでも、実は日常生活で色々配慮が必要なもの。それは結婚式であっても同じで、いくつか注意しておいてあげないといけない点があります。妊婦さんも心置きなく結婚式を楽しんでもらえるためのおもてなしとは…。

妊婦にアルコールは厳禁!乾杯酒はアルコールフリーを

12
http://manmachine-interface.tumblr.com

妊娠中のアルコールは厳禁です。そのため、乾杯酒も妊婦さんは飲むことが出来ません。そんなゲストのために、結婚式場はシャンパンに似たアルコールフリーのドリンクを準備している会場が殆ど。担当プランナーに、どのゲストが妊婦さんかを忘れずに伝えておきましょう。

お腹の大きいゲストには必須!椅子にクッション

13

https://www.myhotelwedding.com
お腹が大きくなってくると、数時間座っているのは腰痛や下半身のむくみにもつながり、妊婦さんには厳しい体勢です。そのため、背もたれにもたれ掛かりやすいように、椅子にクッションを置いておいてあげるなどの配慮をしておきましょう。

冷えは禁物だから…膝掛けの準備を

14
http://utahbrideandgroom.com

足元の冷えは、血行不良を起こしてしまい妊婦さんにはよくありません。そこで、ブランケットを一枚、椅子に備えておいてあげましょう。一枚あるだけでも随分違いますよ♪

まとめ

特に配慮が必要なゲストへのおもてなしアイデアを集めてみました☆細かくご紹介すると、これだけ沢山あるのですが、こういった小さな気配りがゲストの満足度をアップさせる秘策でもあります♪ゲストが心からリラックスし楽しむ結婚式にするためには、こんな配慮も忘れずしてあげてください…☆