プレ花嫁必見!結婚式のドレス試着に備えるべき6つのポイント♪

運命の一着に巡り会って、結婚式のときには最高に綺麗な花嫁でいたい…♪プレ花嫁なら、そう願うのは当然ですよね! だからこそ、ドレス試着は楽しみながらも、後悔しないようにしておきたいものです。 でも、いざドレスの試着となっても、予約の取り方や持ち物、それにドレスの選び方も何から選んだら良いのか…など分からないことも沢山あります。でも段取りばかりを気にしていては、一番大切なドレス選びが楽しめなくなってしまう…。 折角なら、運命の一着に巡り会うまでの試着だって楽しんで欲しい☆そこで、今回は初めてのドレス試着を迎えるプレ花嫁必見!ドレス試着に備えるべきポイントをご紹介します。
1

http://www.glamour.com

ポイント1・結婚式場が決まったら早速試着へGO♪

結婚式場が決まったら、一番最初にする結婚式の準備がこのドレスの試着です。 結婚式は、ほぼ一年中行われていますが、その中でもトップシーズンと呼ばれる時期(春と秋)があります。この時期のドレスは、人気のドレスからどんどん予約が埋まってしまうのです…。そのため、結婚式場と日取りが決まればすぐにドレス試着へ♪

ポイント2・ドレスの試着には予約が必須

ドレスの試着は、試着をフォローするスタッフやスペースの関係で、予約は必須となっています。 予約の取り方は式場によってそれぞれですが、初めての予約は結婚式場の担当者が取り付けてくれて、2回目以降は自分とドレスショップとのやり取りとなる場合と、最初から自分で予約を取らなければいけない場合もあります。詳しくは、予約をした結婚式場に確認してみましょう。

ポイント3・ドレス試着のスケジュールの組むときの注意点

2
https://www.etsy.com

結婚準備といえば、結婚式の準備だけではなく、新婚旅行や新居の手配に事務的手続き…、結納や顔合せの準備…、そして自分の仕事もありと何かと多忙になりがちです。そのため、何度となく通うことになるドレスの試着には、スケジュールを組むときに知っておくと便利な注意点があります。

所要時間はどのくらい?

基本的に1回のドレス試着に要する時間は、約2〜3時間程度をみておきましょう。それでも、着られるのは3〜4着程度…。ドレスは普通の服とちがって、脱ぎ着にも時間が掛かり意外とこれで精一杯の数なんです。

何曜日がおすすめ?

3
https://www.etsy.com

土日は予約が集中していて、予約自体取りにくい場合が多いです。もし土日を希望する場合は、希望日に予約が取れないことも考えられるので、何日か希望の日の候補を挙げておくようにしましょう。また予約が取れても、ショップ内が混雑している場合があるので、予約をするなら朝イチや夕方以降などがオススメです。 お仕事の関係で難しい場合もあると思いますが、理想は平日の昼間です。ゆっくりと選ぶことが出来、ドレスも揃っています♪

他のスケジュールとの兼ね合いも気にしながら…

4
http://vsco.co

もしドレスの試着と結婚式の打ち合わせを同日にする場合には、ドレス試着に3時間、打ち合わせに3時間程度を予定して、移動時間や食事時間なども考え、ゆっくりと余裕を持ってスケジュールを組むようにしておきましょう。 また、ご両親と一緒に試着に行く場合には「ついでに、どんな結婚式場か見ておきたいかな♪」なんてリクエストがあれば、それに応えてあげられるようにもしてあげたいですよね。試着の時間と、結婚式場を見学出来る時間帯(土日は結婚式の本番などがあり、見られない時間帯もあります)の調整にも気を付け、結婚式場の担当者と相談をしてスケジュールの調整をしてくださいね。

ポイント4・初めての試着前には理想のドレスをチェックしておく♪

5

http://www.florencefinds.com
ドレスショップによっては、数百着のドレスが用意されています。ショップ内に入るとお店の奥までずらーっと並べられ、ウェディングドレスも真っ白からオフホワイトまで、デザインも様々。それに加え、カラードレスに和装…。ドレスショップに初めて入るときには、その多さに圧倒されてしまうかもしれません。 何から選んだら良いのか迷っている間にも時間はどんどん過ぎてしまいます。限られた時間に効率良く決めるコツは、まず自分の理想と思うドレスを事前にチェックしておくこと。雑誌やネットをチェックしておいて、着てみたいドレスやデザイン、ラインがあればプリントアウトするか、画像を残しておいてドレス試着時に持参しましょう。 それをスタッフに伝えれば、その数百着の中から希望に添ったドレスを提案してくれますよ♪

ポイント5・備えは大切☆ドレスの試着に必須の持ち物はこの5つ

6

http://www.lovemydress.net

初めてドレスの試着をするとなると、持ち物だって気になりますよね!この5つは忘れないように準備しておいてください♪

ストッキング

ドレスを着るときには、ストッキングが必須です。しかし普段なら、夏だと素足にサンダル、冬や厚手のタイツを履いている人も多いと思います。もし、ストッキングを履いていない場合には、持参するようにしましょう。

ヘアゴム

7
http://www.weddingforward.com

首回りのラインなどもチェックできるので、試着時にはアップスタイルにしておくことをおすすめします。ただ、試着に行く前からアップスタイルにしておく必要もなく、ドレスを着たときに軽くアップにする程度でOK。 ドレスショップによっては、スタッフがセットしてくれる場合もありますが、念のためへアゴムを持参しておきましょう。

カメラ

8

https://www.instagram.com
試着時の写真は、後でじっくりと検討するため以外にも使う場面があるんです!結婚式の打ち合わせでは、その試着写真を見ながら、ブーケや会場のコーディネートも考えたりもします。出来るだけ、試着写真は残しておくと何かと便利ですよ♪ ただし、ドレスショップによっては撮影NGな場合もあるので注意しましょう。

下着

9

https://lucycorsetry.com

ドレスのデザインによっては、デコルテ部分が露出しているものも沢山あります。そのため、ブラはストラップが外せるものを持参、もしくは着ていくようにしましょう。よく準備しておくと良いといわれるブダイラルインナーは、ドレスが決定してから購入することをおすすめします。なぜなら、ブライダルインナーはドレスのラインを綺麗に見せるためのもの。ドレスが決まっていない段階で購入してしまうと、ドレスラインに沿わず、その本来の目的が果たせない場合もあるからです。

式場のパンフレット

ドレス選びのポイントの1つは、会場の雰囲気に合わせること。結婚式場の提携ショップの場合は、スタッフが会場の雰囲気を理解しているか、ドレスショップに会場パンフレットを備えているので心配ありません。しかし、会場の提携以外のドレスショップの場合は備えていないことも考えられるので、その場合は会場のパンフレットを持参しておくと良いでしょう。

ポイント6・予約を入れるときに確認しておくべきつ3つのこと

予約を入れる際には、この3つも念のため確認しておきましょう。
10

http://www.iasibiz.ro

時間

ドレスショップによっては、事前に「3時間」などと時間制限がある場合があります。また、事前に所要時間が分かっていれば、その前後の予定も立てやすくなりますよね♪

料金

気に入ったドレスがあれば、その場で仮押さえをしておくことも出来ます。ただし、仮押さえには料金が必要な場合も。そのため、お金を事前にどのくらい準備しておいたら良いのかを把握しておくためにも仮押さえの料金は確認しておきましょう。

写真撮影

試着の写真は、後でゆっくり見比べられたり、色んな人に意見を聞けたり、打ち合わせの参考になったりと何かと重宝します。しかし、試着写真が撮影出来ない場合もあるので、予約時に確認しておきましょう。

まとめ

試着に行く前は、どんなドレスが試着出来るかとっても楽しみですよね♪ こんなに沢山アレコレとドレスを着られるなんて、正に「お姫様」気分です☆だからこそ、ドレス選びは試着から楽しんで欲しい!これから始まる結婚式の準備が楽しい思い出になりますように…。